ワシはワシが育てる

週刊少年ジャンプと任天堂のゲームが三度のメシより好きです。

タッチタイピング習得に苦戦中

正しいタッチタイピングに矯正中で最近仕事のストレスが10倍増になっています。

パソコンに触れた時から自己流タイプで一般人よりは高速にタイプできていたものの、やはり自己流では限界があって、いつぞやからプログラミングの生産性向上のためにe-typingで必死に練習することに。
(実はe-typingという文字を正しい指でタイピングするのは日本語タイプに慣れていると凄く難しい)

そんで日本語タイプはほぼ問題なくこなせるようになったものの、プログラミング特有の右手小指エリアのタイピングは自己流が治らずじまいで、最近それを矯正中です。

「@」「;」「[]」「?」「|」「-」「^」「\」「_」などは日常では馴染みがなくともプログラミングでは頻繁に登場するのですが、これらは全て小指タイプの範囲で、未だ慣れずにミスタイプのオンパレードです。
(これらはローマ字打ちばかりしている日本人にとって難しい領域で、今までちら見してきた中ではほとんど正しい指使いができている人はいないように感じます。)

最初は薬指も交えてごっちゃでええやんと思っていたのですが、小指エリアを薬指が担当するとホームポジションが右寄りになってしまって、担当する指が定まらずにミスタイプや速度低下を招くので、基本的にはマニュアル通りに行うのがベストです。

同様に「b」も最初は左手がどうしても届かずにイライラしていたのですが、これを左手で打てるようになると右手のホームポジションが左に引きずられないので、やはり矯正して正解でした。

タッチタイピング練習の難しさは、普段無意識で行っていることを意識的に行うようになるので、一部の矯正でも他のタイピング全般に影響してくるほか、本来プログラミングに気を使うべきところをタイピングに気が削がれるので、ストレスが凄く溜まることです。

ただ中長期的には矯正すれば生産性向上に直結するので、今はストレスと闘いながら正しいタッチタイピングを習得すべく頑張っています。